医者

自然治癒力を高める

病棟

自身の細胞でがんに勝つ

NK療法とは、人が本来持っている免疫細胞のうち最も攻撃力が強い事で知られるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させることで、腫瘍細胞やウイルスに感染した細胞を攻撃し減少させる治療法です。人が本来持っているNK細胞は年齢を重ねるにつれてその数は減少し、癌にかかるリスクも増加します。実際、癌患者の免疫細胞の活性度は健康な人と比べて低いことが分かっています。そこで本人から採取したNK細胞を体外で培養し活性化したのちに体に戻すことで、この活性化した免疫機能により癌化した細胞を確実かつ効率的に攻撃し減少されることで癌の進行を阻止する事を目的とした治療法がNK療法と呼ばれるものなのです。当然自身の細胞を使う治療なので、問題となる副作用はほとんどありません。

採血と増殖

NK療法は基本的に、採血と投与により行うとても安全な治療法です。まず患者の血液を50CC程採取し、2週間ほどかけて培養・活性化し数億〜数十億単位まで増やした後、生理食塩水に溶かしたNK細胞を静脈から体内に戻すというだけの患者にとってとても負担が少なく、効果が高い治療法なのです。NK療法で起こる副作用としては、健康な人が通常持っている数の数倍の免疫細胞の増加による一過性の発熱が見られるくらいで、手術や抗がん剤、放射線治療のような体力の低下なども起こりません。通常は3か月程度かけて繰り返し行います。この療法は臨床例も多く効果も挙げています、保険診療外となりますが、その他の高度先進医療と比較してさほど高額というほどではありません。

Copyright© 2015 癌検診は定期的に行なおう|転移すると取り返しのつかないことになるAll Rights Reserved.